2017/11/01

六本木一丁目 泉ガーデン PAUL フェルミエール(サラダ)

この投稿へのリンク


マーガリン入れはポールの器だった。このポールの青が自分は好きだ。アーモンドをもってみたい・・とまじまじと見ながら感じた。



いつもよくたべる、鶏とレタスと林檎のサラダ。酸味がほどよくて食べ飽きない。ただたべたあと体が冷えるので調子が悪いときに食べると体調を崩しやすい。そういう意味では自分の体調を教えてくれるサラダでもある。

2017/10/31

相鉄ジョイナス 鶏三和 名古屋コーチンの親子丼

この投稿へのリンク

親子丼は好きだし、このお店の親子丼はたしかにおいしい。
しかし席の間隔がせまく、一人で行っても詰めてカウンターにほ織り込まれるので、扱いが養鶏場の鶏のような気分にさせられる(ひょっとしたら、名古屋コーチンのほうが自由にあつかってもらえるかもしれない。)

至る所に露骨な利益追求が感じられるのもおしい。もう少し気持ちよくご飯をいただけるお店になると本島にいいんですけどね…

2017/10/30

赤坂インターシティair ギン カーオ カフェ カリフォルニア タイ 週替わり・レッドカレー

この投稿へのリンク

おいしかった。タイ料理というかパクチが苦手で敬遠していたが、アメリカなスタイルを取り入れているということで蒸した感じを抑えているんじゃないかと思いランチにきた。期待通りの抑制のきいた、とてもたべやすいれどかれーだった。レッドカレーなので辛味というよりはスパイスの香とバランスを楽しむイメージで、ライスはちゃんとタイ米。タイ米がとてもおいしく感じられた。昔々食べたものと全然違うなぁと、時間の流れをしみじみ思う。

この日は前職の悪い同僚と密談。テーマは人はなぜ挑戦と称して不向きなことを選んでしまうのか、だった。キャリアパスと称して挑戦という言葉に踊らされてはいけないので、よく考えてやっぱり食は選ぶべきだなぁと、いくつかの事例を話していて感じた。勝負ごとではないにしても、うまくいく見込みがまったく見えないなら考え直したほうがいいとおもう。



2017/10/29

渋谷鶯谷 ピノサリーチェ(Pinosalice) 昼のランチコース

この投稿へのリンク
カルツォーネではないしたぶん、cuddiruni にだとおもうがわすれてしまった。アンチョビの味わいが口に広がりシチリア味をすぐに思い出した。潮騒気分。

三品は・・・夢中で食べてしまいあれですが、

鶏・猪・じゃがのパスタ。ほどよい塩気と口の中で食感をたのしめるアルデンテーがうれしい。

カジキマグロのグリル。ランチのメインではよく頼むのだが、これがまたうまい。

デザートもうまうま。しっかりとおなかにおさまった。

この日は体調がよくないのでアルコールは控えたが、写真を見返すと飲んでおけばよかったとも思う。お酒を飲むなら総じて昼酒が一番好きでござる。

2017/10/28

代官山 King George

この投稿へのリンク
パット見た目わからなかったが、振り返るとあこがれの猫がいた。

"&ima"でもでてきた、分厚いサンド。こちらはお店を表す”The King George”。分厚いサンド以外にもサラダもある。が、本家の味を知りたかったのだ。シンプルなレタスとハムなんだが、とても丁寧に重ねられたレタスとハムに感動するとはおもわなかった。色もきれいだ、このお店の生命線は野菜だと思う。

そして珈琲、サンドウィッチ屋さんの中で一番おいしい。
そして、このマグが欲しい

サイト:http://crownedcat.com/ (マグカップが売っている)




2017/10/19

赤坂アークヒルズサウスタワー さんて寛 ランチ限定カレー

この投稿へのリンク
お好み焼きやさんのさんて寛でカレーがランチに登場していた。赤坂アークヒルズからFISHがなくなってしまったこともあり、カレーはいい狙いじゃないかと思えての訪問。カレー自体はなかなか美味しかった。スパイスは胡椒系で肉もちゃんとかたちがのこっていてとろっとした食感は最近食べているカレーではなかった。それに脇役のサラダもらっきょうもお値段を考えると良いものがでてきたとおもう。ただ、カレーを注文するとサービス側がやや混乱してしまっていた。まだ、試行中だったようにおもえる。

明らかに連携がうまくいっていなくて、サラダがこのあと2回ほどだされそうになる。

カレーは鍋ごと温めなおすのが見えた。カウンターに座ると奥の厨房が見えるからだ。これは、さすがに時間がかかるようだったし、中のスタッフがやや慌てているようにしているのがみえてしまった。
そして、このときは残念なことに少しぬるいカレーだった。鍋ごと温め直すのは色々無理があるんじゃないかと思う。あとはお好み焼き屋さんは鉄板があるので空調が冷やし目で寒い。そのため、カレー自体が冷えやすい点も注意したほうがいいかもしれない。もっと寒くなってお好み焼き屋さんでも暖房になってからいったほうがよさそうだ。

もしくは、お好み焼き屋ではやはりお好み焼きを食べるべきだとおもった。

2017/10/18

上野 山家 大ヒレカツ定食

この投稿へのリンク

このお店のフライはどれも美味しい。牡蠣フライもはじまっていたが、せっかくとんかつ屋にきたらやっぱりたべたいのはとんかつになる。ということで、再びヒレカツ定食。キャベツやお味噌汁のおかわりはできないが気持ちよくとんかつをいただけるのが重要で、むしろおかわりがないから人の回転もほどよくいい感じ。

そういえば、蒲田にも支店ができるそうだ。東海道線圏内で食べられるようになるのは嬉しいが、蒲田へ食べに行くかというとそうではなくて、やはり上野や御徒町までたべにいくとおもう。

2017/09/08

Pinosalliche(ピノサリーチェ) 13週年のよる

この投稿へのリンク
でーん、と唐辛子の精? プーリアの方だときいた


この日は雨で、サッカーの試合があって、翌々日がお店の周年パーティなので貸し切り状態だった。お店の人の話を色々聞けて楽しかった。

豚柄のワイン。 
パスタは岩手の雲丹

色と模様がいかにも。

北海道ラム肉と夏野菜。これはおいしい、2人前と聞いたが自分には一人前のようにいただいてしまった。おいしいおいしい、夏野菜もいいなぁ。

もも、もも!

12ユーロでうっていた

変わりゆくしぶやをぱちり。

2017/09/07

&ima cafe

この投稿へのリンク
土曜日の昼下がりにうってつけのカフェ。写真やさんの併設カフェながら出てくるサンドイッチは少し高いがとてもおいしいし、落ち着ける雰囲気が好きでしかたがない。

頼んだのはハングリーナウとツナアボガド。


こちらの断面はツナアボガド。



こちらはハングリーナウ。厚くて、パンも1.5倍。肉肉しい。食べにくいが美味しいなんともいえないジレンマを感じる時間。気がついたら必死になってすぎ人相で食べている。そういうやつだ。

2017/08/10

あきる野 ラ・ペコラネーラ ランチセット(サラダ)

この投稿へのリンク
あきる野にきたときには立ち寄りたお店。地元の食材をふんだんに使って、イタリアで修行してきた腕前を振るうシェフのお店。自分的にはとても気に入っており単に値段が安くて美味しいを超えて、とてもこの土地で食べた甲斐を感じさせるのがとてもすき。

サラダセットだと、サラダの量はパスタに匹敵!

きのこは檜原村のもの。それに鶏肉とトマトのクリームソース。ソースの味のバランスにトマトの酸味がちょうどよく、またクリームときのこがとてもおいしい。これにコーヒがついて二人で2000円台。

2017/08/04

東京北浜 とりまぶし

この投稿へのリンク
北浜は老舗の料亭、和食というか料理全般けっこうおいしい。古いなりなので入りづらいところもあるけれども、ジョイナスで和食をいただくなら安定度合いで選んでも間違いはほぼない。

これはとりまぶし、おそらくたれはうなぎを転用しているし、配膳からするとひつまぶしとほぼおなじで、最後はお出汁で一気呵成という感じだ。まぁ、そのままでもおいしいし、漬物もまずまず、鳥の味つけもおいしい。

普段夜は飲み屋風だが少し早くいくことができれば定食屋使いできるのがわかったのは収穫。

2017/08/02

中津川 WAKURI そば

この投稿へのリンク

中津川駅前にあるお蕎麦屋さん。なんだか店主の熱いこだわりあふれるお店だった。開店と同時に満員。1時間弱のんびり待ち続ける。色々食べたかったのでぜんさいとたまごとお蕎麦を頼む。

ぜんさいもりあわせ、山菜根菜、なす、豆腐。味の組み合わせもおいしい

だしまきたまご

ごへいだれ


納豆

お蕎麦はこしがあってつるつる。少し田舎。御前そばほどしろくはなく、その分だけ香りがしっかりあって美味しい。作るそばもお店のしつらいも、それなりにこだわりを随所に感じる。ただ、どういうわけだか、店主の年齢に対して年配の方が多かった。そのため、自分の伺った時にはやや回転が悪かった。

2017/08/01

行者そば 梅庵 だし巻き卵、行者そば、鴨汁

この投稿へのリンク 場所: 日本、〒396-0028 長野県伊那市荒井内の萱7088−2
去年おんたけ100kに来たときから気になっていたお店。伊那を降りてから少し道をそれて山の方へ。木曽駒ヶ岳登山道の入口のあるほうらしい。沢沿いの集落にあり、途中から看板が出てきてほっとひといき。車でかろうじてすれ違う場所もあるようなところだ。

建屋は古くからある作りで、母屋のほうでいただける。畳にあがるがテーブル席がある。

うまい、だし巻き卵

行者そば。からつゆ、というものをつかう。大根の絞り汁に焼き味噌をとく。塩気があり、往時の行者には心地よい味わいだったと思う。食欲増進とか塩気のうまみとか。

よそったあとになってしまった、鴨汁。野菜とキノコがおいしいし、雰囲気も美味しい。また来年も元気に訪れたいなぁ。なお、営業日と営業時間に注意。11時から3時または(金曜)2時まで。水木はおやすみとのこと。

2017/07/27

ラ フィーリア デル プレジデンテ

この投稿へのリンク

久しぶりに横浜桜木町関内エリアでピッツアのお店開拓に出る。ランチで訪問したが美味しかった。ナポリに本店がある由緒?正しいナポリピッツァのお店なんだとか。お店のテーブルは狭めなのでいっきにお皿がでてくると死んでしまうが、統一されたインテリアと2Fの落ち着いた雰囲気は気に入っている。

三種の前菜

ロマーナ

マリナーラ



2017/07/26

賛否両論 横浜茶寮 イートインにて

この投稿へのリンク
最近マイブームのデパ地下賛否両論にイートインではじめていった。おせちなどで引き出しの多さにはいつも感動していて、いつかは本店に行ってみたいものだと思っていたら、そごうにイートインができていた。本店の味ではないにしても、色々目の覚めるような刺激的な組み合わせが好きで、家人の優勝記念をかねて訪れる。

頼んだのは6品のコースでデザートは2品いただけた!、ここは予約無しでいただけるのがいいともいえるが、和食はゆっくり時間を取りたいので3人以上いたら予約がおすすめ。

コースなので流れとしてはだいたい1時間から1時間半くらい、


すいか・うめ の冷製スープ。白い部分はきうりととりにくだったかな。

たこ、、、茗荷とカツオだったか
お刺身を奥の2つの調味料で楽しむ

茗荷のかきのたねの衣、かも、もずくなど

おくら・ミニトマト、鱈?だったかなぁ

鯛茶漬けに、大葉胡椒の薬味

デザート一つ目はプリン・・見た目以上にいろいろ詰まっていたのだが

2つ目は大葉のシャーベット