2016/12/14

三島 旬魚 旬菜とワイン 潮音 Sion 

この投稿へのリンク
レースのあと、三島に泊まって晩御飯を探す。駅前には飲み屋さんが多いがめぼしいところはどうやら日曜日休みが多い。あとはチェーン系か居酒屋(全面喫煙可)。レストランはあまりないか光画が多いようだった。また、スーパーやデパート等が駅前にはないためワインとツマミを調達できない。ということで、グーグル先生を使って魚とワインで検索して出てきたのがこのお店。

距離は約1km・・ただし1.4km。歩いていったらとても冷え込んだ夜は身にしみる。それに東レの工場の脇は歩道がない。企業城下町の一面を思い知らされる。向かいのJR東海の研修所がまたでかい。

20分ほど歩いていくと住宅街の中に明かりが見えてきてお店があった。今風の一軒家レストラン風でワインの瓶も並んでいて、なかなかのお店構え。行く前に電話をしてカウンターならOKですよとのことだったので、カウンターで三島のご飯を堪能。

頼んだのは、お店の名を冠したサラダ、マスターの釣った太刀魚のフライ、豚串、それとパスタにワイン。ワインはリーズナブルなものを中心にそろえてあり、いろいろ種類も多くお願いするとおすすめをいくつかもってきてくれる。

料理自体はいろいろな要素があるものの、店の名の通り魚と野菜はどれもおいしい。お店の方に伺ったら、ここで2年やってきたとのこと。場所を考えるとそれなりに苦労もあったようで、色々お話を聞けてよかった。地元のお店というのは行ってみるといいお店が多い。そういうお店を回るのもまた、旅の醍醐味だとおもう。




これはタチウオフライ。すごくおいしかった。

2016/12/04

横浜そごう (期間限定)高野山料理花菱 高野山御膳

この投稿へのリンク
ひさしぶりに、宮崎料理のひだかにとおもっていったらいつのまにやらお店が入れ替わっていて、期間限定12月3日から13日までは精進料理のお店とのこと。高野山にはいったことがないので、その雰囲気をと思い、お昼ごはんをいただく。

お品書きもなかなか細かくて楽しい。

おざぶつきのお茶はなんとも可愛らしい。

じゃーんとこれが御膳。面白かったのは活盛とよばれるさしみにみたてた湯葉とこんにゃくで構成された、おつくり。このお皿に乗っているナスは想定外な味わいだった。

期間限定だと、お店から人が来られているようで、たぶんサービスの質も整えやすいのだと思う。お店にとっても新しい刺激になるし、いろいろな声を取り入れるきっかけにもなるかもしれない。また何かを試みるにはいい機会とも言える。

2016/12/02

御徒町 羊香味坊 (ヤンシャンアジボウ) 羊とクミンを1年分

この投稿へのリンク
誘われて年に一度の羊祭り。羊とスパイスの組み合わせがとてもおいしかった。主に焼いた羊が売りのお店だが、焼きかどうかに関係なくどれもこれもおいしい。ポーションは小さめなので単価自体は安いが色々頼んでしまうので、値段は知らないうちに普通になる。ワインは未知のオーガニックワインが多数。ボトルに値段が書いてあり店員さんにお願いすると栓を抜いてコップをもってきてくれる。
ランチとかにさくっと食べられても面白いだろうな、都内でこんなに安く出せるというのが圧倒的。いいお店で楽しかった。

小籠包。これは地味だと思うがお汁うまし









 ボトルに値段と・・・見ればわかると思うが国名が何故か書かれている。