2016/11/28

野毛動物園

この投稿へのリンク
古い動物園だし大きくはないが、展示はとても行き届いていて面白い。入場料無料なこともあり、子供連れがおおい。また、小高い丘?山?の上にあるため腫れていると眺めもわるくない。


冬になると屋外展示は減少する、

横浜水道発祥の地?ということになるだろうか。

2016/11/27

ピッツェリア キアッキェローネ: Chiacchierone マリナーラ、フンギ

この投稿へのリンク
多分3-4年ぶりだったとおもう。ふと野毛山動物園に行こうということになりランチをその途中でということで選んだのが、このピッツエリア。久しぶりにいってみると地元の客が根付いたのだろう、子連れが多かった。以前できたときには大人ばかりで大人なお店の雰囲気だったことを思うと、(店主の糸とは別かもしれないが)、地元に根ざした良店になったのだとおもう。

すこしまって奥の席が相手から、サラダとムール貝の黒胡椒蒸しを注文し、セットでマリナーラとフンギをいただく。

サラダうまし、ムール貝の黒胡椒蒸しうまし、スープは塩コショウだよねとは飲んでから当然と思った次第。

マリナーラは生地の舌触りというか食感はとてもおいしいし、トマトソースもいい感じでごまかしもない。少し塩気を強く感じる。ナポリでピッツアを食べるとしょっぱいという話をよく聞く。多分、イタリア風味を大事にしているのだろう。

フンギもおいしい。きのこが香ばしく焼けていて小麦の味わいとよく混ざるというか、秋をふつふつとかんじさせる。こちらも生地の具合とか食べ心地は良いのだがやはり塩気を強く感じる。


お店のページ:http://www.chiacchierone.jp/


さてさて、ナポリピッツァの美味しいお店にはよく真のナポリピッツァ某というのがかかっているが、目指しているのは現地の味を守るだけなのだろうか、それとも作りてのベストやその土地にあった味わいを目指しているのか。個人的には、もしあるとすれば、”おいしいナポリピッツァ協会”を支持したい。東京フレンチという言葉があるように、イタリアンだって本来はきっと土地の調理方法、味や風味に寛容なんじゃないかなとおもう。
もしこの団体が何か制約などが多く、材料があれだとか釜があれだとかメニューがあれだとかいろいろ制限をつけて美味しいお店を排除しているのだとすれば、食べ物かどうかに関係なく、排他的な団体には与したくないとも思う。






2016/11/24

Château Mercian Tokyo Guest Bar|シャトー・メルシャン キッシュランチ

この投稿へのリンク

今年の夏前ぐらいからランチの構成が変わって丼だけだったのが、丼、丼、キッシュ、シェフのオススメ、と選べるようになった。反動はランチワインが同じ値段では含まれなくなったこと。丼だけでは
正直ワインというのか?のようなこともあり、またコストが割に合わなかったようだ。

で、キッシュランチのバランスがとてもいい。まずキッシュはいつもかわる。それに温かいスープ、ほどほどの量のサラダのバランスがとてもいい。ポールのほうがキッシュ自体はでかいが、個人的にはバランスでメルシャンを選ぶ。

2016/11/20

外神田 花ぶさ 千代田膳

この投稿へのリンク
池波正太郎の好きなものをあれこれ盛り込んだお膳。最初はかいで始まり、アライとか蟹しんじょに海老しんじょ、上品な〆鯖に鰊の焼き物。どれもこれも雑味というかぶれが無く、ほんとうにおいしかった。

あわよくば、つぎは熱燗をつけながらじっくりこのお膳の流れを楽しみたいね。






遊食家Boo ココアのかおるデミグラスハンバーグ

この投稿へのリンク
切ったら肉汁の出てくるハンバーグだった。格之進Fのハンバーグとおなじようなかんじ。
肉汁xデミグラスソースだけでご飯がばくばくたべられるとおもった。ついているのは二色のポテトサラダ(ひょっとしたら南瓜かな?)



これにライスとサラダとスープが付いて830円だったか。都心にあってこの値段は破格だとおもう。

何か超絶技巧や伝統とか格式があるわけではない。
秋葉原から御徒町にかけて移動するときにたちよってはいるのはおすすめ。料理おいしいお店だと思う。

2016/11/19

外神田 花ぶさ さわらの煮つけ

この投稿へのリンク
池波正太郎の食のエッセイが好きな人にはたまらない店。

お店構えはこの界隈では控えめだけど建屋は力強い


色は濃いが味は薄いというか、濃いわけじゃないが旨みが濃い。赤だしと炊き込みご飯の組み合わせもまた楽しくおいしい。ぶれない正統派和食なんだとおもうが、いまどきこのびしっとしたちょうどよさが感じられるのが嬉しい。




2016/11/17

武蔵小山 オステリア オージオ ソット/OSTERIA Osio Sotto

この投稿へのリンク
武蔵小杉探索第一弾。美味しいだろうあんと思って選んだお店。これから色々オリジナルを出すことを期待。


三浦の地魚フリット

アボガドのサラダ

ヤリイカのー某



ポルチーニのフリット

エゾジカ

チーズの盛り合わせ

秋葉原 丸五 特ひれかつ+赤だしご飯お漬物

この投稿へのリンク

平日の1時前後で15分程度まつ。あとで気がついたが、低温揚げなので待ち時間は割りと長め。秋葉原の中心街から近いこともあり、観光客がとても多い。値段としても常連というよりは一見さんが多くなるのは仕方ないか。

しばらくして2階の大テーブルへ。そこで注文を取ってからがまた長い。だいたい20分位だとおもう。その間もひっきりなしに人が回転する。近くのオフィスの人もいるようだし、ミシュラン見てきたであろう人も多い。隣はサラリーマン二人組、一つ開けて海外から、英語圏から来られた人が二人。前者はロース、後者は得ヒレカツとエビフライを頼んで二人でシェアしていた。

今の時代はスマートフォンのおかげで時間を潰すのに困ることは少ない。スペースもいらないし、それぞれ好きなことができる。人をいらいらさせないツールとしてのスマートフォンは悪くないと、待っている間に思った。




とんかつは白くあがっており、なかはとてもジューシー。サクサクと口の中でかみきることができてゆっくりと楽しむことができる。ソースは甘口のどろっとしたものがあり、レモンは・・このお店ではキャベツにかけることを推奨している(なかなかうまい!)

キャベツとご飯は1度だけおかわり可能。赤だしもかなりうまい。というか、どれもこれもいいバランスで楽しいランチだった。


会計は1階の出入り口。

2015-2016でビブグルマンに選ばれたとかで、店内は国際色豊か(といっても、豚を食べられる地域の方に限られる)英語対応もそれなりにやっていたし、注文もちゃんと受けていた。

秋葉原は外食空白地帯のイメージがあったけど、こんなところがあったんですね。

2016/11/16

泉ガーデン PAUL フェルミナ

この投稿へのリンク


りんごと鶏肉のサラダ。さっぱりと食べられて美味しい、それにPAULのパンはもう10年以上食べているが飽きない。


2016/11/15

ヨドバシカメラ 秋葉原 8F たん之助

この投稿へのリンク

久しぶりに食べた牛タンととろろはうまかった、がコスパがとても悪いとおもう。

崎陽軒 シウマイ弁当 830円

この投稿へのリンク

すっかり値上がりしてしまった。この値段だと流石に迷いますな・・



2016/11/14

秋葉原 2K540 遊食家Boo

この投稿へのリンク
SANS401のトレーニングのついでに2K450の革製品屋さんでベルトを調整してもらう。
そのついでによったおみせでお昼ごはんをいただく。

前菜はスープとサラダ。


なかなかセンスがいいパスタだとおもった。さつまいも、きのこ、レンコン。秋は根菜が多いなぁとおもいつつも、なかなかスープもおいしい。きっとこのお店は何を食べても美味しいと思う。これで850円とは、秋葉原のランチも捨てたもんじゃない。