2016/05/24

御徒町 山家 御徒町店(やまべ) ひれかつ定食(大)1250円

この投稿へのリンク


ひれかつ(無印)とひれかつ(大)の値段差は300円で、一山分の差になる。ということは、かつ代が900円でサイドで350円。単純に引き算するとそんな感じだが、ここのおいしさは単にコスパがいいなんて言葉で片付けたくない。

お店に入るまでにも並ぶので、到着してだいたい30分以上はまっていた。注文は行列の先頭5人分くらいをきいてくれる。なので、席に着いた時には少し待つだけででてくる。御徒町店はすべてカウンターで18席とのこと。一つあいたり、つめたら数人座れるような場合でも無理して詰めたり、お願いして動かしたりということをしない。どうしても並んでいると無理やりいろいろやりたくなるとおもうのだが、このお店は変な効率を求めないのもいい。

サイドはまずつけものとシジミ汁、ごはんがやってくる。つけものはいつもおかわりしたいくらい。ごはんはつぶつぶしておいしい。キャベツはシャキシャキ瑞々しい。
とんかつがやってくるとうれしい気持ち。辛子をたっぷり載せてくれるので、自分の好みの塗り方をしつつ、少し甘めのとんかつソースを少し調整していただく。衣はほどよい、がりがりでもなければふにゃふにゃでもない。食感のちょうどよさが何とも言えない。お肉の火の通し加減というかあげ具合もちょうどいい。ちょうどいいというのしか言葉が思いつかない。堅すぎず柔らかすぎずでも、噛むと肉の味わいと香りを楽しめるようなイメージで。

とんかつでこれだけ満足するのは目黒のとんきとかつ無庵、あとはまさむね(最近いってない)くらいかなぁ。このお店ばかりいっていては、どんどんとんかつ屋に対する目が厳しくなってしまう。

おかいけいはお皿を下げるときにカウンターで。できればちょうどだせるようにいきたい。




しじみじるも、キャベツの千切りも、おつけものも、ごはんも、どれもおいしい。わきもしっかりしているので、行きつく間もなく一気に食べてしまう。そしてこの場所でこのお値段でこの心地よさ・・本当にすごいお店だ。