2013/10/31

大井町 Brasserie Poisson Rouge うまいもの 食べた食べた 腹いっぱい。

この投稿へのリンク 場所: 1 Chome-53-8 Oi, Shinagawa, Tokyo, Japan
五島のおみやと、青い人のアドバイザー合格祝いに大井町で安くてうまい絵に描いたような街のブラッセリーへ。お店の中は、いろいろなものに目を奪われる。でかいワインセラー、高そうなワインの空き瓶(きっと思い出が詰まっているのだろう)、大きな厨房、そして有り余る黒板?メニューがところ狭しと書いてある。移動型もあるのになんでそんなに黒板をとおもうのだが、きっとオーナーが黒板好きなんだろう。



初めて来た。すでに予約満員御礼の札が入り口にかかっている。駅に近く入り口もそれらしくおしゃれ。中でオーナーシェフが職人風の雰囲気を漂わせている。お皿が割れたりすると、何やら手を止めて客席に背を向ける。厨房ドラマが垣間見える、だからといって料理はやすくておいしい、お手本のような良店。

大船渡産牡蠣のマリネ。
これは牡蠣殿下のリクエスト




魚のうらごしスープととごぼう。

チーズ盛り合わせとか

白子のブルゴーニュ風に青ネギソース

ベラルーシのジロールだけソテー

和歌山の鹿。

カッスレー(鴨のコンフィ、白いんげん、ソーセージなどなどモリモリ)


Champagne  RUELLE Pertois ピノ(ムニエ|ノワール)85%, シャルドネ15%
2010 Chateau TALBOT CAILLOU Blanc ソーヴィニヨン・ブラン86%, セミヨン 14%
1994 Chateau Bellefont Belcier  メルロー70%, カベルネ・フラン20%, カベルネ・ソーヴィニヨン10%

Marc de Corton。



?とダークチェリーのタルト

メニューの黒板もいっぱい。

腹いっぱい食べた。食べた割に安い。(飲むとそれなりだけど)ボトルの値段はかなり安い。もう少し設けてもいいんじゃないかとちょっとだけ思った。余計なお世話だろうし、人も多く入るので杞憂だけど。

料理は力強く、神経質なものではない。ここはきっとシャルドネを美味しく飲める気がする。こういうお店はありそうでなかなか少ない。最近よく言われることだが、素材を活かすことを突き詰めすぎて、シェフの個性がでにくかったり、もともと料理としての楽しむポイントがきえてしまったりだとかする。この御店は楽しなぁと、帰りの電車でイメージ反芻する。

願わくば、職人みたいなあのシェフの腕がつるまで料理をいろいろ注文してぺろりとたべてみたいものだと、なんとなく町の大盛中華屋さん的モチベーションも少し刺激される。いろいろおもしろい。

虎の門 共同通信会館ビル ラーメンと豆腐料理の店 南雲 麻婆豆腐ラーメンと餃子

この投稿へのリンク 場所: 日本, 東京都港区虎ノ門2丁目2−5
各テーブルに配備されている。

マーボー豆腐ラーメン。中華料理と豆腐のお店だけあって、これはおいしかった。あれ、前回たべたものよりおいしい。麺は中華麺系でやや太め。さむくなってくると体が温まり、調度良いメニュー。

焼き餃子350円。これはお得。事前情報でランチは13時を過ぎてから提供されるようで、13次前後に行くと時計を見てからOKがでる。大きくてぶりぶりとして、中のスープも多め。食券がないので、食券を渡すときに追加で頼めるかどうか逐次確認されることをおすすめします。

ちゃきちゃきと、ホールの人もさばく。意外と心地が良くてよかった。

虎ノ門 平五郎 オイスターライス(期間限定)

この投稿へのリンク 場所: 日本, 東京都港区虎ノ門1丁目17
トマトサラダ。
シンプルだけど、さくさくと1個分のトマトをいただける。刻んだ玉ねぎとトマトの食感と香りのバランスがいつも好きで、ベーコンレタスサラダとどちらにするのか迷う。この日は体調が少し良くなかったので、トマトを選択。

そしてオイスターライス。牡蠣とネギのくみあわせがあらためておいしいとおもう。牡蠣は三陸産。ここは洋食屋、牡蠣チャーハンではなく、牡蠣ピラフというべきか。

帰り道、"か*ネギ"屋というのはどうだろう・・・などとどうでもいいことをあれやこれや考える。

横浜浅間 みやかみ [ランチ]牛肉豆腐

この投稿へのリンク 場所: 日本, 〒220-0072 神奈川県横浜市西区浅間町1丁目 第二久保ビル
間口は狭いが、中に入ると20人分くらいだろうか。大将は日本料理の研鑽を積んできた方らしいが、ソムリエの資格もあり、色々と勉強熱心で仕事もしっかりという印象。この御店はどこか著名な天丼専門のBlogで穴子天丼が紹介されてそちらを頼むお客が多いとか。

なので、あえて、牛肉豆腐。これがなかなか滋味うまい。体にやさしい感じがした。飲み過ぎた次の日に食べてもおちつくかんじ。

まだ、お店はできて3ヶ月。いろいろとこなれるまでまだ時間はいると思うが、近いうちによるごはんをいただきたい。





神谷町 居酒屋 ふる (FULL) 穴子丼定食

この投稿へのリンク 場所: 日本, 東京都港区虎ノ門5丁目13−1

穴子丼はこの御店のフラグシップ。でも何故か前回焼き魚を食べた気がしていて、穴子丼を頼んだ。帰ってからチェックしてみたら、前も穴子丼を注文していた。少し甘めのタレの味。上にはしそときゅうりがのっており卵で彩りを添える。ここは小鉢もおいしい。

それにしても相変わらず繁盛している。居酒屋なのに1時を過ぎても女性客が優勢。他の居酒屋にはないことだと思う。 


2013/10/30

エノテカ横浜のカウンターで試飲した

この投稿へのリンク
[2007]Leon Manbach Alsace Grand Cru Frankstein Pinot Gris

アルザスのピノ・グリは、いつもリースリングのように感じる。グラン・クリュだったが、グラスあたりの値段はこれが一番安かった。

[2005]Capannelle Solare

サンジョベーゼ主体。結構濃い味わい。口が紫までは行かないけど、シラー未満ピノ・ノワール以上。

色々話を伺ったら、毎週カウンターでイベントをしているらしい。ミシェル・ニーロンの取り扱いまであって驚く。試飲3本5000円な企画まで。景気が良くなってきているのだろうか、毎週開催をするだけでもかなりだとおもう。

[1998]]M.Chapoutier CHÂTEAUNEUF-DU-PAPE "Barbe RAC"

この投稿へのリンク
シャプティエがシャトーヌフ・デュ・パプでこだわるグルナッシュで作られたボトル。以前1997は飲んだ。1997はオフビンテージらしいが枯れたおいしいワインだった。1998は外れていないとかなんとか、ということで、こちらはやや強くやや濃く感じる。が、15年も経つとグルナッシュでも繊細なワインのように感じられる。ピノ・ノワールっぽいというか。グルナッシュは単一のほうが面白く感じる。

ブシャールのランファン・ジェズュのような、一番高く売れる製品ではないけど、作り手側の歴史に由来するこだわりが見え隠れするようで面白い。

購入元:楽天ゆはら
購入時期:2013/05
購入価格:10800円




摘んだのは、足柄SAでかった、牛すじ煮に玉ねぎなどをたしたもの。それにサラダとかパテとか。緑がまじると美味しそうな気がして、どうしても買ってしまい、それが溜まっていく。


[閉店]虎ノ門 Grand E'terna Cafe

この投稿へのリンク 場所: 日本, 〒105-0001 東京都港区虎ノ門2丁目9−9 虎ノ門倉並ビル

開店した頃はよくいった。割と居心地も良かったのだが、いつの間にか閉めていた。場所が悪かったのか、運営がうまく行かなかったかはわからない。何かはあったろうとだけおもう。

[休業]共同通信会館ビル 第一飯店

この投稿へのリンク

おそるおそるいったら、都合により休業になっていた。復活するのかしないのか、気になるがインターネットとは無縁のようなので、それもつど行かないとわからない・・・知らないうちに忘れ去ってしまいそうだ。


インターコンチネンタル東京 Cascade Cafe とある日のビュッフェ。

この投稿へのリンク

ランチミーティングがあって会社のお金でいただけた。やっぱり美味しい。肉も魚もどれでもおいしい。ビュッフェの食べ方や並べ方はその人となりが見えるようで面白い。給食や配給ではないから急がなくてもいいと思うし、何皿も集めることはないだろうと思うがなかなかそうではない。得できない≒損した と思ってしまう人も多いようだ。

お魚も肉もおいしい。鳥牛豚ととってしまう。魚はカジキだったとおもう。点心は蒸したてだったので、横浜市民としてシウマイをチョイス。十分おいしい。デザートにでたピスタチオのクレーム・ブリュレがとても印象に残った。色通り期待通り。


2013/10/29

[2005]Witness Tree Vintage Select Pinot Noir Willamette Valley et ダロワイヨ 鳥ときのこ、鴨とダークチェリーなど

この投稿へのリンク
この日ははしゃいだ。ダロワイヨのお惣菜を買う気まんまんで帰宅したからだ。


ダロワイヨでバケットと、鴨のダークチェリー添え、それに鳥ときのこのパテを購入。
かもとダークチェリーはツボだった。りんごが添えてあり味のバランスがとてもおいしい。ソースもクラシカルな感じで、わかりやすい。それ以外はアボガドと沖縄豆腐のサラダ、秋の12種類のグリーンサラダ。

こちらはオレゴンのピノ・ノワール。ウィラメット・ヴァレーはよく知られたところ。25の区画のうち一番美味しく出来たぶどうだけで作られたのがこの一本だとか。2005年は外れないので、それも見越して購入。香りは味わいは割と寒いところのピノ・ノワールな印象。だが、濃いというかコクがあるというか。すもも系の香り(Tasting NoteにはRed Cherryと表現されている)はするんだけど、ワイン自体はどっしりとした西海岸系の味。色も味わいも重め。でもピノ・ノワールらしいバランスが感じられる。うまいカリフォルニアのピノ・ノワール味に近く、好き味。

購入元:楽天バッコス
購入時期:2013/9
購入価格:2600円くらい(半額セールにて)

n.v. 1+1=3 Brut Nature

この投稿へのリンク

久しぶりに飲んだ。信濃屋とCIALがあったころは入手簡単だったが、なくなってから好んで買うことはなかった。久しぶりにみかけたけど、Natureだったので購入。ドサージュをしていないのが、Natureを名乗る。インポーターの情報ではこんな感じ。良いぶどうのワインを集めた、ということだろうか。
パレリャーダ40%、チャレッロ32%、マカベオ28%。平均樹齢20年。現在販売中のものは、2006年産100%。30ヶ月間瓶熟成。ドザージュはゼロですが残糖が1.5g/lあります。「ブルット・ナトゥーレ」はシャンパーニュの「ノン・ドゼ」等と同じ意味ですが、その極意はいずれも、よりドライな味わいのものを造ろうというようなことではなく、もともと十分にバランスが良いので補糖をする必要がない、という点にあります。ぶどう品種のブレンドや収穫年がスタンダード・ブルットと常に異なっているのもそういう意味合いに起因します。
色も印象的。


購入元:楽天バッコス
購入時期:2013/08
購入価格:2070円
サイト:http://www.umesufan3.com/

ウルフギャング・パック・カフェ 赤坂アークヒルズ店 BBQ Chicken Burger

この投稿へのリンク 場所: 日本, 東京都港区赤坂1丁目12−32
いつもの、ランチ100円サラダ。これはお得なので、改装しても残してほしい。もしくは200円にしてもらって、アップグレードでも嬉しい。量は減らしてほしくない。

BBQチキンバーガー。
今まで選ばなかったけど、美味しかった。ここはグリルがやっぱりうまい。

GR Digitalの傾向を忘れた時、携帯カメラでの撮影は赤の色が良くないというか、白が強く出すぎるというか、青が強くなりすぎる気がする。何より、携帯の液晶で確認したものと違う画像が出てくることにいつもまいる。それでも、たまに思わぬ効果をだすことがあるので、意外性を期待してしまう。

2013/10/28

[2010]Etienne Sauzet Bourgogne Chardonnay

この投稿へのリンク


ルーロが暴騰しており、ブルゴーニュ・ブランで4500円を超えるようになっていた。で、かわりに少し安いソゼ(3000円台半ば)を見つけて購入。モンラッシェ系の酸のはっきりとしたひんやりなシャルドネは美味しい。グレープフルーツ系シャルドネが我が家の好みだ。

合わせたのは、クリームなペンネとか、タイ風サラダとか。シャルドネはこってりとしたチーズやクリーム、バターと合わせやすい。それ以外だとどうも違う方へ向かっていくように感じられる。このボトルは美味しいのだが、自分の中でシャルドネに飽きを感じるようになったのが自覚されてきた。

美味しいのだが、また飲みたいとあまり強く思わなくなってきたのだ。どうも単調に感じられる。美味しいと高い評価を得ているシャルドネはわりとスタイルが画一化されてきているような気がしている。2000年台後半に飲んで楽しかった、いろいろシャルドネは評価を目にしたことがないものを買わない限り、もうなかなかお目にかからないかもしれない。

購入元:エノテカそごう横浜店
購入時期:2013/10
購入価格:3600円くらい



2013/10/27

キョウヤ クチーナ イタリアーナ/Kyoya Cucina Italiana 広島産牡蠣とししとう、大葉のアーリオオーリオ

この投稿へのリンク 場所: 日本, 〒107-0052 東京都港区赤坂1丁目9−28 サラゴビル
パスタが食べたくて訪問。相変わらず混んでいたが、この日はすべてのパスタがまだ残っていた。お目当てはししとうx牡蠣。今月に入っていろいろなところで牡蠣を食べるようにしている。肝臓をいたわりたいからとか、いろいろあるけど、最近牡蠣で季節感があるような気がしている。寒くなってから食べたいものに交じるようになってきた。


セットのサラダ。ほしのは蕪だろうか、いや京野菜の場合には違う可能性があるか・・・


広島産牡蠣とししとう、大葉のアーリオオーリオ
絶妙な組み合わせ。どちらもオリーブオイルによく馴染むし面白くおいしい。好き味。


ドルチェ・和栗のクレーマ・ブルッチャータ、ジェラート添え
栗も季節ポイント対象食材(自分の中だけ)なんとなく嬉しくて足してしまった。ここのドルチェはランチでも手を抜かない。盛り付けとかも勢いがあって好き。

そういえば、ここもまだ、夜に来たことがない・・・