2012/09/30

[2010]都農(Tsuno Wine) Private Reserve Syrah

この投稿へのリンク

前年に比べてコクは薄くなったが、クラシカルな作りというか繊細で酸味を強く感じる。ヨーグルトやシラーな力強い果実味からは遠い。が、余韻は割と長く去年と比べると個人の好みはこちらの方にあるような気がする。それにしてもビンテージによる違いをこれほど感じるとワインの個性とはなんだろうと思う。地域ごとの気候の安定度と各年の逸脱度が数値化されたら、もう少しワインの楽しみ方も変わるのかもしれない。

それとも、そういうパラメータはすでに存在しているのだろうか。

購入:都農ワイナリー
購入時期:2012/07
購入価格:3000円くらい



とある出張サービス系ワイン会

この投稿へのリンク
食ったー、飲んだー
6人で10本は自分には多すぎ。
でも、ご飯うまくてしあわせだった。ご飯担当と素晴らしき飲み手に感謝。

しりしり。




















ご飯リスト

・ゼッポリーニ
・人参しりしりクミンサラダ
・イタリア直輸入フェンネルとオレンジのサラダ
・真鯛のカルパッチョ・旬のマスカットソース
・穴子とフレッシュいちじくのソテー、バルサミコソース
・イタリア直輸入のサラミとモンタージオ、アジアーゴチーズ
・鮮魚!秋刀魚のインボルティーニ・ドライマンゴーとシチリアの大粒ケッパー巻き
・鶏肉のガランティーヌ・ポルチーニクリーム
・豚ロースのサルティンボッカなコトレット トマトサルサ添え

ワインリスト
2003 Quartz Leef Chauvet Central Otago(Pinot Noir) CHAUVET ニュージーランド
2008 Bürgerspital zum Heiligen Geist Riesling Kabinet "シーボルト" ドイツ
2006 Didier Dagueneau Pouilly Fume Pur Sang Pur Sang フランス・ロワール
2006 都農ワイナリー Old Campbell Early 日本
2008 Harlan Estate The Maiden (Napa) アメリカ・カリフォルニア
2009 Clos Marie Simon PIC SAINT LOUP (シラー、グルナッシュ) フランス・ラングドック
1993 Remoissenet Pere et Fils Chassagne-Montrachet 1er Cru Morgeot(シャルドネ) フランス・ブルゴーニュ
フラゴリーノ(手荷物・シェフ持参) イタリア・ベネツィア
2000 Domaine Henri Rebourseau Mazi-Chambertin Gran Cru フランス・ブルゴーニュ
1997 Domaine G.Roblot-Marchand et Fils Chambolle-Musigny フランス・ブルゴーニュ


[2010] Irancy 続き

この投稿へのリンク
再びIrancy

なだ万の盛り合わせと、

古市庵の、びっくりいなりなどといっしょにほうばる。うまい。

2012/09/29

横浜ジョイナス 恵亭ジョイナス横浜店 黒豚ヒレかつご飯+カキフライ

この投稿へのリンク
がぶがぶ食べたくて、一番多そうなものを注文。黒豚(産地不明)ながら、おいしいヒレカツでした。美味しいヒレ勝つというのはパサパサしてなくてじゅわっとした感じが少しでも残っているものだと思い込んでます。

黒豚ヒレ。おいしかった。2種類の塩は面白いです。

カキフライ。ジューシーでした。

レディース向けの商品だが、男性もおkらしい。

恵亭は、和光系らしいことをはじめてしった。どういう経緯のものなのか興味津々。

横浜駅西口 ボンタボンタ 栗ご飯と高菜

この投稿へのリンク


おにぎりはたまに、のりで調子が悪くなることがあるので、小さめかないものが最近はこのましい。これもその一品で、栗ご飯があったので、季節感を味わいたく注文。クリはたくさん・・とはいえなかったけど、おいしかった。

2012/09/28

Fresh(Northface)

この投稿へのリンク

機能性の衣類に自分は惹かれる。おしゃれな人間ではないので、そういうわかりやすいものにツビつきやすいともいえる。登山用品やさんで見つけた下着・・・一度暑い日にきて試すべきだろうか。なお、すべての匂いには対応できないことは富士山に登ったとき確認している。

みなとみらい NEWYORK GRAND KITCHEN おやつ

この投稿へのリンク
ワッフルが、薄くてうまかった。生クリームはちと多く感じるけど、それを除けばどれも上品で美味しかった。サービスはなんとなく体育会系な感じ。お店の感じと違ってわりとざっくり感がある。べたべたしないのは、おやつを食べに来た者にとってちょうどいい。夜はまた、かわるような気もする。


焼きたてワッフル
 *バナナ&チョコレート


ガトークラシック



[2010]Vini Viti Vinci Irancy ーーーマグナム1日目

この投稿へのリンク


インパクトの有り過ぎるエチケット、だいたいこういうのは自由な(?)自然とかBioとか言われるジャンルの作り手のもの。これもそんなかんじ。ワインはすもも系の香りがして酸味は少し抑え目。味の密度はわりと濃いがするするとのみやすいかんじ。するすると飲みやすい、というのはたいてい余韻が短く次の杯が進むくらいの意味だとおもう。余韻は長くても楽しめるものがあるけど、かなり変化がないとすぐ飽きてしまう。口の中に同じ味が残り続けるものも多いから。一杯だけ飲んで美味しいワインと、飽きずに飲めるワインは別だと感じる。

好きなワインだけ飲みたいと思ったこともあったが、今ではどういう選び方をしても自分の買ったワインが美味しく飲める人になりたい。



購入下:楽天ゆはら
購入価格:6700円くらい
購入時期:2012/2
インポーター:ラシーヌ




2012/09/27

[2009]OSOTI RIOJA

この投稿へのリンク

テンプラリーニョ主体の赤ワイン。リオハだし。多分クイーンズ伊勢丹で購入した安いスペインワイン群のひとつだが、味わいは期待通りでおいしかった。スペインワインの個性は理解して飲めば肉料理に合わせやすいし、イタリアや新世界ほど強く押し気味の香りはなく、落ち着いているけどワイン自体は濃い感じがしている。余韻はややながめだが、あんまりながもちしないほうがよさそうか。





[2000] Charmes Chambetin Grand Cru

この投稿へのリンク


シャルム・シャンベルタン。アルマン・ルブルソーは1980年台に元詰を始めた作り手で、はじまりは大臣になった人が買い集めた畑からだったとか。味わいは堅実ではずれもなければ新しさも割りとなく、古典的なほうなんだとおもう。樽ーとか、凝縮度にこだわりはなく、割と飲みやすいイメージ。でもこのボトルは無理して開けたので少し残念だった。届いてすぐに飲んでしまうと、味がばらつくというか、ざらつくような印象をうける。シャルム・シャンベルタンであっても優雅とはならないし、ささくれだっている気がした。

購入元:楽天 iWine Japan
購入時期:2012/8
購入価格:12000円
インポーター:野村ユニソン

米なす

万願寺唐辛子・・・だったかな、伏見かな・・

2012/09/26

[2009] Calera SELLECK

この投稿へのリンク

SelleckはCaleraのキュベの一つ。ピノ・ノワール100%だけどCaleraの中でも割りと濃い目で強いほうだと思う。個人的には、一番おとなしいMillsがちょうどいいくらいだが、10年後に飲みたいと思うのは、Selleck かRyanだろうか。濃いワインで美味しい物ほど時間がたって肩の力が抜けたようになった時の美味しさがあるような気がしている。

これもそんな感じ。今飲んでも美味しいけど、未来のほうがもっと美味しいんじゃないかと思ってしまう。開けたら最後、どのワインにものみごろなんてないのかもしれない。





2012/09/25

[2010]CALERA Mt.Harlan CHARDONNAY 35 aniversary

この投稿へのリンク

連続して開ける、Calera。そういえば、白ワインは単一畑はないんですね・・このビンテージはバナナよりの香りがした。暑い地域のシャルドネの香り。すこしねったりとしている感じ。寝かせておいたら、、、過剰に味わいが厚くなるか、それとも肩の力が抜けて本来のぶどうの輪郭を見て取ることができるのか、一か八かな気がする。まだ何本かあるから1本くらい残して10年後に飲んだら、とか楽しみを思う。でも、ワインの状態より自分の健康を維持するほうが大変な気も。





きのこをいろいろ。