2012/06/30

グランエターナカフェ 虎ノ門店 ハヤシライス

この投稿へのリンク
ハヤシライス。サラダが別途拡張できてらいいなと思うが、カフェごはんのいいところは食べ過ぎないこと。それにここは、全般的に安心して食べられる美味しさと居心地の良さがある。一人で文庫本を持って歩いているときは、ここを選ぶことも多い。

たっぷりコーヒーはうまいし、おちつく。量の少ないコーヒーは飲むか飲まれるかのような真剣勝負なきがしてくるけど、これくらいでかいとのんびり香りを楽しみながら自分のペースで飲める。

2012/06/29

虎ノ門 JTビル 西鶴楼 ランチ・四川風麻婆豆腐

この投稿へのリンク 場所: 西鶴楼
ひさしぶりに食べに行ったら、口がしびれるようなすごい。あれ、こんなにからかったっけと思うくらいだった。半分食べて少し休憩を取らないと唇が無くなったような気がした。

最初にスープとでかいしうまい、それにたくさんの漬物。漬物はザーサイと大根のもの。これ、おいしい。でかしうまいは、いつも一口でそのまま食べる。もうちょっと中がジューシーだったら美味しいとおもうがそういうことが狙いじゃないらしい。

花山椒びりびりでしにそうだ。


お店のWeb: http://www.ou-kaku-rou.com/
黄鶴楼は1995年、南青山のモダンチャイニーズレストラン「DAINI'S table」の姉妹店として、虎ノ門のJTビル1階にオープン致しました。「季節の食材」にこだわり、「和のテイスト」で仕上げた新感覚の中華料理をお楽しみ下さい。

[2011] TSUNO WINE CHARDONNAY unwooded

この投稿へのリンク
今年の春先に直接購入した、都農ワインのシャルドネ。Unwoodedとはステンレス発酵させて樽の影響を避けてブドウ本来の味わいを重視したもの。香りはバナナやグレープフルーツ。味わいは少し甘いが酸味ものっていてするする飲める感じ。すっきりしていて夏の昼間に飲みたい。




2012/06/28

赤坂 カンティーヌ アリ・バブ(ALI-BAB) 野菜のキッシュ

この投稿へのリンク 場所: ALI-BAB
自分の中では鉄板ビストロランチ、アリバブ。メニューが豊富で量と味のバランスはどれでも嬉しい感じがして、なかなかメニューが決められないことがある。そういうときは前回頼んだものの下を頼んだり擦ることがある。この日は晴れていてなんだか気分が良かったのとランチは野菜が不足がちなので、野菜のキッシュにする。

人参の冷製スープ

野菜のキッシュ。インゲン、カリフラワー、ブロッコリ、トマト、じゃがいも、ナス?などなど

クレーム・ブリュレ

ふと窓際に目をやるとガラス屋さんが開いていた。入口に並んだ商品を初めて見た気がした。ワインなどのボトルを彫って模様をつけてくれるのはちょっと面白いかもしれない。切子風というのだろうか。

[2005]DOMAINE DES VERLIERES ALOXE-CORTON

この投稿へのリンク
クイーンズ伊勢丹で安く売っていたアロース・コルトン。2500円くらいだったと思う。しかも2005だ!ということで買ったものだが、中はキレキレ・アロースだった。抜いてそのまま注ぐとむわーっといっきにアルコールが揮発するように濃くちから強い。しばらくするとそれが収まっても、なんというか全力なワインだった。飲みやすいかどうかで言えばやや飲みにくい。思った以上に肉がないと飲みづらい。これは2005年によるものか、それともまさかの保存状況かはわからない。

メルシャンいわく、このドメーヌはPierre André配下にあるそうな。
"『ピエール・アンドレ』は契約畑で収穫するぶどうからワインを造る“ネゴシアン(ワイン商)”であると同時に、アロース・コルトン村を中心に特級畑を8つ所有し、「ドメーヌ・コルトン・アンドレ」を始め、多くの優良な“ドメーヌ”(ワイン醸造から瓶詰めまでを一貫して行う)のワインを取り扱っています。"
ラズベリーやチェリーなどの赤い果実を思わせるコート・ド・ボーヌの赤ワインらしい仕上がり。 穏やかで柔らかい口当たりのボディ。


作り手のサイト:http://www.pierre-andre.com/
Château de Corton André


牛の串焼。しそ巻き、ネギ巻きになっており、串から外して1個づつ一口でいただく。肉を食ったという気分があふれる。ただ、ワインと舞茸はいまいちあわなかった。舞茸の後にこのワインを飲むと何か臭みというか、少し不快に感じる匂いを感じる。ボトルなのか、舞茸なのか、それとも組み合わせが本当に合わなかったのかは不明。

西新橋 おぴっぴ ピリ辛おろし冷やしゃぶうどん

この投稿へのリンク 場所: おぴっぴ
おぴっぴは、1ヶ月に1度入っておきたいうどん屋。向かいに瀬戸屋もあるけど、あっちは自家製メカ打ちで、こちらは2代目お手製。カドノたち具合は全然違うし、腰の硬さが好みと合致する。このメニューはピリ辛おろしに、天カス、わかめ、豚肉、ねぎなどをのせてから、つゆをかけてすする。

清涼感と辛さが今って食欲を刺激、と書きたいが口内炎持ちにはちょっときつかった。それでも時間をかけてゆっくりと味わう。それくらいうまいいいうどんがこのお店では食べられるので嬉しい。




2012/06/27

PIERRE HERMÉ

この投稿へのリンク
手の込んだマカロンだと思う。



赤坂 Pescaderia ”広島カキのカルボナーラスパゲッティ ---- 牡蠣屋さんのカルボナーラ!!”

この投稿へのリンク 場所: PESCADERIA
溜池山王方面からコマツビルの裏路地をたどっていくと赤坂見附につながる道がある。ここは料亭が密集していたり、表の大きな通りや赤坂の繁華街の裏側になっていて日中でも人通りが少なく、ランチの時間だと開いているか開いていないのかわからないお店が散見される。ぼられるようなお店ではないのだが、どくとくの陰湿な影をみているような雰囲気がある。


とはいえ、ここはいいお店もあり、玉石混合。そのとおりにあって中の様子を伺えるイタリアンを見つける。人も入っているし、何より魚介を売りにしていたのでそのままランチを頂くことにする。中はイタリアン食堂、定食屋のような雰囲気。入ってから気がついたけど喫煙OKのようだ。


メニューはパエリアとパスタ数種から。どれも1000円。大盛りは+200円。サラダと飲み物がついてくる。飲み物は特に指定しないと最初にやってくる。サラダは、、、まぁなんというか期待しない用法が良い。パスタは良い感じ。ソースうまい。牡蠣もいい。湯で具合も少し固めに感じられわりと好みの風合い。




これでサラダも本気だったら、、と思わないわけでもない。


お店のページへ:http://www.take-5.co.jp/pescaderia/akasaka/

横浜そごう "京都 細見美術館展 PartⅡ 琳派・若冲と雅の世界"

この投稿へのリンク
伊藤若冲はここ15年くらいでよく知られるようになった江戸時代の画家らしい。再評価自体は戦後のようだが、自分が知ったのは”美の巨人”で目にしてから。

色絵は細密で止まったものが多いと表いたら墨絵のほうが躍動して見えた、というのは素人考えだろうか。なんとなくだが、細かく描けば描くほど情報量が多すぎるためか描いた瞬間は静止して見える。逆に描写の量が少ないと動きがあるように感じられる。

展示されているのは、やまと絵・琳派・若中の系譜。屏風絵はどれも興味を引くけど、酒井抱一の屏風に扇を貼りつけたものがおもしろかった。線が伸びる音がする。描いているものも馴染めるものが多く、こんなの飾りたいなどと思ってしまう。

それ以外今回の収穫は細見美術館を知ったこと、若冲の子犬と箒の、子犬の絵が好きな線だということ。さらに日曜日の昼下がりに行ったけど、意外と空いていたということ。

2012/06/26

虎ノ門 平五郎 ジャーマンステーキ

この投稿へのリンク 場所: 平五郎
ここで食べるランチは幸せだ。多少暑くても蒸しても、ここまでくる価値があるというもの。今日はジャーマンステーキを注文。いわゆるハンバーグ。外側はかりっと中は箸がさっとはいるくらいジューシーで柔らかい。

スープはコンソメ。夏メニューだと、1週間単位で味噌汁とかわる。




横浜 ハマボールEAS プルメリア カフェ ランチセット

この投稿へのリンク
騒がしいがパスタはおいしいという評判だった。いったこともないし、知らないままでチャンスを逃していたら惜しいと思ってうかがう。結果的には残念な気分だった。量や質の割には安いのだが、いかんせん人の部分を抑え過ぎてまわっていない。サービスも、料理のほうも、パスタ同士がはりついてしまっていた。かきまぜるだけじゃないのかなぁという指摘もちらほら。使っている素材は悪くない気がしたので、あとひと手間で損をしていると思うともったいない気がした。

ここはパーティ用途で使うべきだ、というならそうなのかもしれない。だったら細かいことに気がつかない。

グループ企業のパンフレットなど。EASの4階よりうえ(EAS除く)はほぼこの会社が運営している。

前菜。きまったものだけど、野菜もサーモンもおいしかった。何故かポテトフライ。

スープ。普通

フレッシュほうれんそうとベーコンのパスタ(自家製・タリアテッレ)

茄子と熟成ベーコンのアラビアータ。トマト山森・・・



食べにくいスプーンかフォーク。刺さらず掬えず、機能が微妙。

再開してほしいなぁ、ハマボール。12月(予定)に復活とのこと。


2012/06/25

赤坂 Restrant かえりやま ランチB

この投稿へのリンク 場所: かえりやま
ちょっといいランチを食べたい時、寄りたくなるお店がここ。年に数回、ランチでちょっといい気分になりたいときにくる。どれをとっても、丁寧でバランスがとれていて、盛り付けはシンプルで美しい。スタイル自体は新しいわけではないので、ここ以外にも似せるようなお皿はいくつか見たことがあるけど、味も伴うところは意外と少なく、自分の中では渋谷だったらLunch時のChez Azuma的な位置づけになっている。

このお店の良いところは、13時半近くでも嫌な顔をされず入店できること。それにサービスは無理せずそつなくリズムがある。居酒屋的むりくり感がないので変な気を使わなくてもうまく仕切ってくれる。

海老サラダギリシア風
野菜うまい。かぶと酢の酸味はおいしいなぁ

コーンポタージュ

鮮魚3種のグリルを野菜とともに
ディルの香りと香ばしい魚の皮がうまい。カサゴ、鯵だろうか。聞くのを忘れていた。シーラのパイづつみがあったけど、売り切れだった。あったら絶対そっちをいただいていたと思う。

パッションフルーツと柑橘系のアイスクリームフルーツ添え
パッションフルーツの種のつぶつぶ、うまい。



海賊めし

この投稿へのリンク

ものは確かに黄色だった。しかしちと甘い。

銀座 バル・スペインクラブ銀座 いろいろ

この投稿へのリンク 場所: スペインクラブ
スペインに興味を持ったので、あらためてバルを利用しにスペインクラブへ。
イワシにマッシュルーム、イベリコ・チーズ・オリーブの盛り合わせ。





気に入ったのはスペインの赤ピーマン肉詰め。ピーマンの食感がびっくりだった。また、ピーマンの上部分を切って肉を詰めたのはおもしろい。






2012/06/24

横浜西口 和互 夜の部 アラカルト

この投稿へのリンク 場所: 和互
穴子の造り。皮はあぶってありぱりっとしていて身は少し湯どうし。多分臭みを取るためかもしれないが、身の真ん中は透き通っていてうっとりする。(写真をクリックしてじっくり観察して欲しいくらい。)。今年食べた魚の中で一番心動く気がした。

枝豆。塩おおかったかな・・・

キツネメバル。焼き加減とみのうまみがすごい。盛り付けも面白い。

鮮魚の唐揚げ・5色の野菜と共に ( 生姜酢付 )
うまいっす。多分、カサゴの仲間とか味とか、近海魚じゃないかとおもう。

お店のページ:http://www.yokohama-wagoh.com/