2011/10/31

鮨さいとう 秋(ブルゴーニュ魂)

この投稿へのリンク

鮨さいとうxブルゴーニュ魂 秋の陣。メインは鮪。

”いくらは飲み物”
お出汁が入っているので、おちょこに入れて飲んでもらうという趣向


N.V. Domaine Vilmart & Cie Champagne 1er Cru Rilly La Montagne Grande Reserve
泡はきめ細か久、味わいは硬質だがブドウの香りを楽しめたような気がする。駆けつけいっぱい向けの味わい


しゃこ・たこ・あわび
蛸は前にも食べた味付けのやつ。鮑はおおきなものをきりわけていただく。わさびは乗っているがそれぞれに味わいがあるので、このままいただくがよいそうだ。つけて食べたことはないが、そうだとおもう。


うに盛
釧路のバフンウニ。一口でばくっ

余市のブリ
背中肉だそうだ。冬の入り口。

サバの押しずしとべったら漬。これ、新作だとか。
うえにふりかけた柚子の皮の香りと鯖の厚い実と味わいがよく合う。

貝柱の串。あぶっていただく

戻鰹
ゴマをばさばさっとふりかけて香ばしい。いろんなひと工夫が見ていて楽しい。

太刀魚。
香ばしく身がむっちり

前菜というか、ここでひとくぎり。ここからにぎり開始。


上段、奥から大トロ、中トロ、赤身
下段、タイ、イカ、コハダ



ブリトロ 

小肌

赤身


中トロ

大トロ。
以上、主役3点

烏賊


クルマエビ

鯵。鹿児島産限定だとか

赤貝

穴子--塩

穴子--たれ
穴子2品はさいとうのスペシャル。

お椀はあさりの”だし”だけ

海苔巻き
海苔にこだわりありとうかがう。海苔やに決まったものを保管させて年中同じものを使っているとか。のりもほんとうにうまい。

最後の卵焼き

 最後、さいとうさんに、手を取らせてくださいと言ったら気持ちよく撮らせてくれた。すごく清潔さに気を使っているという話を聞いていたので、まじまじと観察したがもちろん手入れの行き届いた手指をしていた。

出てきたワインは以下の通り


2008 Domaine de Suremain (Château de Monthélie) Rully 1er Cru Rouge Préaux
2009 ]MARC KREYDENWEISS KRITT PINOT BLANC
2010 Kizan Wine Blanc 機山洋酒工業 ※主宰の好意によるものとして
1996 Andre Beaufort Champagne Brut Grand Cru 
http://champagnebeaufort.com/default.htm
1988 Chambolle-musigny 1er Cru Les Véroilles Ghislaine Bartho


どいつもこいつもうまかったが、ワインの印象はいつものとおり、じつはあまりのこっていない・・

ワインを前面に押し出したワイン会は数あれど、ワインの姿をここまで消してしまうワイン会もまた珍しい。けれども、自分のような呑兵衛ではない体質では、いかにおいしいごはんを食べて、そこに何を添えるかのほうが大事。ワインにつたれていったら、食べ物は成城石井のお惣菜群で、自分の手抜きつまみと変わらなくて衝撃を受けたことがある。ワインはおいしいが、自分の気持ちは今一つ盛り上がらない。全員スター選手のはずなのにである。

なので、ワイン会といってもを!っと思うようなのが2つくらいあればうれしいかなとおもうようになってきた。ワイン自体を重視しないというわけではないが、ワイン会でワインの話しかしないのもつまらないし、もっと多くの楽しみを味わいたい。

2011/10/30

青のワイン会@アッシュ 武蔵小山 ”山”

この投稿へのリンク
お品書きはこんな感じ。

ベーコンと秋ナスのキッシュ(訂正)
三重産マイワシのマリネ
フランス産エスカルゴのムニエル ブルゴーニュ風
野菜スープ
青森産秋鮭のぽあれ・青野原原産クルミのバターソース
オーストラリア産鹿腿肉のソテー・モリーユ茸ソース
クルミとイチジク、ブドウのパウンドケーキ
エスプレッソなど


n.v. Roderer Estate Quartet Anderson Valley Brut
ルイ・ロデレールがカリフォルニアで展開するドメーヌ。ドメーヌ、となるのは自家製ブドウを使っているから。シャルドネ70%、ピノノワール30%。

持参したのは、ルー・デュモンのクレマン・ド・ブルゴーニュ ロゼ
期待通りでよかった。

鮭の白子だったとおもう。

ベーコンと秋ナスのキッシュ

三重産マイワシのマリネ


2008 WeingutSchwarz Elevé en futs de chêne

スイスのピノノワール。チューリッヒの北側で作られているっぽいが、それ以上のことはドイツ語が読めないのでわからない…



フランス産エスカルゴのムニエル ブルゴーニュ風

木野子いっぱいでうまし。


自家製パン

2009 COCO FARM & WINERY 農民ロッソ
カベルネ ソーヴィニョン54%、メルロ26%、タナ7%、マスカット ベリーA4%、甲州4%、ノートン3%、その他2% 

 日本のワイナリーの有名どころ。バックグラウンドもいろいろあるので、調べると面白い。



野菜のスープ
ピンボケしたものしかなかった…


 2007 Institut Agricole Régional ORIOUS
ヴィュレルマン100%。大樽熟成。 

知らない品種だが、味わいはなかなか面白い。香りは植物系なんだが酸味がありさらりとした口当たり。

青森産秋鮭のぽあれ・青野原原産クルミのバターソース
これもぶれてます・・・

Chateau Lanessan 1999
カベルネ75%、メルロー20%、カベルネフランとプティヴェルドが5%
5級らしいが、飲みやすい味わい。

オーストラリア産鹿腿肉のソテー・モリーユ茸ソース
くせなくやわらかく、うまい。オーストラリアの鹿自体が思いおこせないことに気が付く。

クルミとイチジク、ブドウのパウンドケーキ。
クルミすごい。隣のアイスクリームと一緒に食べると秋の味。

横浜駅地下 四川飯店 担担麺

この投稿へのリンク


久しぶりに食べるとおいしく感じる。取り立てて個性はないものの、唐辛子のたっぷり入ったものをたべると、首から上の汗が止まらなくなる。これは誰もでも経験することかとずっと思っていたが、家人に言わせると、そんなことはないそうだ。

そんなわけで、担担麺は好きだが夏に頂くと脱水症状になり、冬に頂くと季節外れの大汗でたいへんなことになる。

溜池山王 Acquatico #2 ランチ Pranzo リコッタチーズのかかったトマトパスタ

この投稿へのリンク
久しぶりにアクアティコへ。メニューを見たらランチの構成が変わっていた。近くのイル・サーレのように値段を抑えた、決まったメニュー展開になっていた。

シンプルなテーブル。

うーん、忘れた。

ここのサラダはたくさん。葉っぱよりも、下にある根菜類がおいしい。ミニジャガ、サツマイモなど。他の季節だとおなかがいっぱいになりがちなその手の流れは、秋味が好ましい。

メインのパスタとデザート。パスタは細めで(多分)いんげんとリコッタチーズなトマトソース。サラダでおなかいっぱいだったので、この量は最適、、だと思っていたらこのコースにはコーヒーとデザートが付いていた。少し甘めでさっぱりしておいしい。